日テレ。照

 世界のみなさま、おはようございます。

 一部のみなさまにはサッカー好きで知られている(と思う)沖縄らぶびたんDays、主筆の喜良原(きらはら)です。

 サッカー好きなのに、今年の天皇杯の決勝が12月に行われるのも忘れ、準決勝も決勝も見逃したうえ、M-1グランプリさえ見逃してしまったことはいつぞやも書きました。

 ま、そんなことは詮無きことです(苦笑)が、第38回目の今日は沖縄の抱える「テレビチャンネル問題」について、お話します。

 みなさまご存知かもしれませんが、沖縄の地上波テレビチャンネルは、NHK総合(1CH)、Eテレ(2CH)、TBS系の琉球放送(3CH)、テレ朝系の琉球朝日放送(5CH)、CX系の沖縄テレビ(8CH)となっております。

 はい、お気づきでしょうが、日本テレビ系がネットされていないのです。

 ですので、日テレの発信している番組をリアルタイムで視聴することはできません。有名どころのバラエティや話題のドラマなどは、だいたい深夜か週末の昼間に放送されています。みなさまが夜のお茶の間(現代にもあるんですか?)でご覧になっている「まる見え」「イッテQ」「ぐるナイ」「笑点」などは、週末の昼間の定番になっています。「世界一受けたい授業」はわたしにとっては土曜日正午の鉄板です。

 いいんです。もう慣れています。ネットで「ヒルナンデス」の話題が出るたび、それは沖縄では分からないなあと感じても、24時間テレビが(沖縄テレビの)クロスネットの都合で半端な中継になったとしても、特に思うことはないです。

 その昔、「週刊少年ジャンプ」が2週間遅れ(離島では3週間遅れ)で届いていた時代から比べれば、どうということはありません。

 その昔、夏休みに東京に遊びに行くと(沖縄から考えれば)2週間先の「週刊少年ジャンプ」を読めて、買って帰ってくると一躍ヒーローになれた過去の栄光に比べれば、まったく大したことはありません。

 ただ、サッカー中継だけは話が別です。

 昨夜のクラブW杯もそうでしたが(というより、それが今日のモチベーションなのですが)、日テレがサッカーの試合を中継すると沖縄では見られない!(あのCMふうに笑)

 肝心なことなので、もう一度言います。日テレが中継すると沖縄では見られない! ということなんですね、残念ながら。

 正直、こんなときは日テレ滅びよと思っています。

 いや、もちろん存じております。ネットの裏ワザで視聴する方法は。でも、そんなPCを危険にさらしながら見たくありませんし、思い切り楽しみたいじゃないですか。

 わたしたちは、感情的でウザい松木安太郎さんの解説でもいいから、サッカー中継を沖縄にネットしてほしいのです。

 昨日の話でいえば例え1-3で負けた試合であっても、号泣する安部選手と一緒に泣きたかったし、内田選手のもらい涙にもらい涙したかったのです。

 日テレさん、滅びるか沖縄に系列局を作ってくださるか、どちらか二択でお願いします。最後の秘境と言われた沖縄にもセブンイレブンさんが出店するのです。そろそろ日テレ。いかがでございましょう。

 ぜひぜひお考えいただきたいところです。

 沖縄らぶびたんDays、主筆の喜良原でした。

 あでゅー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です