ワンセグで受信料。苦笑

 世界のみなさま、おはようございます。

 いろいろと気忙しく、最近はさぼり気味になりつつある、沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

いえ、決してサボリーマンではないのですが。

 さて、先ごろ某放送協会のワンセグ受信料をめぐる裁判で、「某放送協会のテレビ電波が受信できる携帯機器(スマートフォン含む携帯電話やタブレット、パソコンやポータブルテレビ等)の保有者は、たとえ捨て置き型のテレビを持っていなくても、受信契約を結び、受信料を支払わねばならない」という判決が下されました。

 一部では驚きと捉える方もいらっしゃるようですが、そしてその驚きは当然と言えば当然なのかもしれませんが、また一方で法律(放送法)的な観点から申せば、適法かつ妥当な判決でもあるわけです。

 しかしまたここで、通常の電波を受け取るポータブルテレビは当然契約対象としても、たとえばそれでポータブルテレビの売れ行きが急下降するのは間違いないとしても、ワンセグの受信可能だという理由で、据え置き型テレビを持たないすべての携帯電話保有者が契約すべきなのかという話になるわけです。

 結論から言えば、「スマフォ含めた携帯電話からワンセグのアプリを削除できる」という状況であれば問題ないとわたしは考えています。

 そして、ワンセグのアプリは削除できますね。タブレットもパソコンも同様にテレビ系のアプリを削除してしまえばいい。

 さらには、それらの機器でテレビを見たい人は受信契約を結べばいいのです。というより、アプリの導入が受信契約となれば良いのでは?

 今後はおそらく「据え置き型テレビを持っていない人で、スマフォや携帯電話やタブレットでテレビ系のアプリを入れる人は、携帯電話会社が受信料を代行徴収する」とか、そういう流れになるのでしょう。

 そうして「どうやってテレビを持っているかいないかを確認(証明)するのか」などという話題になるでしょう。

 みなさん、お手持ちの機器から、テレビ系のアプリを削除しましょう。それでいいじゃないですか。どうしても見たい番組があれば、それは据え置き型のテレビで見ましょう。

 あ。なんとなく新しい商売が生まれそうな匂いがしますね。

 必要は発明の母。笑

 どうかブラックな商売ではありませんように。

 ところで、某放送協会の社員は、えらい高給取りだそうです。いつからそんなことが許されているのか知りませんが、ワンセグから受信料を取るより前にやることがありますよね。せめて世の中と同じレベルまで給与を落としてくれよとか、非人情なことも考えたりします。

 とは言え、そのチャンネルで提供されている番組は、民間放送より面白かったりするのは事実と言えば事実。

見比べればはっきりと理解できますが、民間放送の番組とはそもそも情報の量と密度が違います。民間放送が30分かけて放送する内容は、某放送協会の番組なら10分で放送、下手したら5分くらいで放送するときもあるかもしれません。

この情報量や密度の違いは、「かけられる時間やスタッフの人数の違い」であるかもしれません。時間、スタッフの両方とも相応の費用を必要とするものです。

受信料から幾らの費用が番組制作費として使用されているのか、手元には資料はありませんが、民間とは桁が違うのかもしれません。

 まあ、民間放送に対する意見もいろいろありますが、それは今日は封印しておきます。

インターネットの普及で、テレビそのもののメディアパワーが落ちていることは否めず、度重なる不祥事で向かい風の状況下でのワンセグ受信料の合法判決。

 わたしは「据え置きテレビがあるが、それがなくてもアプリは削除する派(テレビは見ない派)」ですが、「ワンセグ以外にテレビ受信機はないうえに、テレビも見たい派」の人は怒り心頭でしょう。

 でも、受信機がある以上は、、、ですから、近い将来、スマフォの契約時に「自宅にテレビはありますか?」などと質問されるようになるかもしれませんが、それまでにはどうするかを決めておいたほうが良さそうです。

 沖縄らぶびたんDays、喜良原でした。

 ではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です