ドローン規制に思う

 世界のみなさま、おはようございます。

 沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 西武ライオンズの山川穂高選手が「日本人選手最速の100号ホームラン」に喜んだり、「IQ157でメンサ入りの小学生」に驚いたり、沖縄っていろいろだなーと、大雑把な感慨でまとめたりしようとしている喜良原です。笑

 ところで、沖縄タイムスの連載記事で「ドローン目隠し法案」というタイトルの記事が連載されています。

 これ、たぶん本土のほうでは注目されない法案なんだろうなあと思いながら、わたしなどは読んでいるのですけれども、簡単に言えば「この法律で定めるところの周囲300メートル以内でのドローン飛行は、土地の所有者または使用者の許可を文書で得ること」という法律なのです。

 そして「法律で定めるところ」に米軍基地が入っているわけです。つまり、米軍基地の周辺でドローン撮影をしたければ、地主か基地司令官の許可を得よ(しかも文書で)という法律なわけですね。

 これって、沖縄以外ではあまり抵触しないよなあ。と思ったりするのですね。

 わたくし喜良原、メディアが取材にドローンを使用することについては「あまり取材する権利を主張するなよ」と感じていたりします。わたしたちの上空を飛んで、撮影したりすることもあるわけじゃないですか。だから、取材する側には高いモラルみたいなものが必要になるはずです。

 そして実はわたしもドローンを飛ばす側でもあるので、そのあたりは非常に注意するところでもありますよ。撮影範囲や余計なものが写らないようにする配慮、あとは情報開示の姿勢(撮影中は、情報開示用に第三者が見られるようにモニターを準備する等)を持ちながら、仕事をしているわけです。

 しかし、これと同じように「米軍や自衛隊の航空機材も、考えて飛行しろよ」と考えています。当たり前ですよね。ほんとに、オスプレイなんて他人の家が覗けそうな低空を、爆音や重低音の振動をまき散らしながら飛んでいますよ。

 オスプレイの低空飛行は禁止されないのに、ドローンは規制。みたいな法律。

 辺野古の海が汚れていく様子を、ドローンだといつでも鮮明に撮影することができる。その記録を残していくこともできる。

 その取材活動を狙い撃ちで規制するような、法律。

 そんな、日本。

 まあ、ドローンのパイロットに「下品な考え」でドローンを運用している人間がいないとは言いませんが、というより、下品な考えでドローンを使う人間は盗聴器を持たせれば盗聴を、スパイカメラを持たせれば盗撮を考えるような人間なのですが、彼らを法律で規制できるわけがない。

 規制されるのは、取材で使用するメディアや、わたしを始めとする法律順守の運用者のみ。

そんな日本。

 空は美しく、地球は丸いのに、世界は丸くないのですなあ。人が世界を丸くも美しくもする。割り切れないのは円周率だけにしてほしい今日この頃です。

 沖縄らぶびたんDays、喜良原でした。

 ではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です