「慰霊の日」と「空母いぶき」

 世界のみなさま、おはようございます。

 慰霊の日に平和を叫ぶ、沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 昨日6月23日は、沖縄では「慰霊の日」と呼ばれる特別な日でした。

 1945年(昭和45年)6月23日、沖縄戦における旧日本軍が組織的な壊滅に至り、軍としての戦争行動が終結した日とされ(諸説あり)、そこから「慰霊の日」が制定されました。 

現在、沖縄県では「沖縄戦で失われた全ての生命の霊を慰め、恒久平和を祈る日」として条例による(県内のみの)公休日と定めています。

実際には6月23日以降も9月頃まで散発的な戦闘は続いており、実質の沖縄戦は4月から9月初旬までの約5ヶ月余りに渡ったとされています。

 この「慰霊の日」前後には、県内では数多くの平和に関する情報発信が行われます。特に多いのは、戦争の悲惨さを伝える情報ではないかと思っています。

 みなさん、空襲や艦砲射撃などに始まって、戦車や戦闘車両、そして多くの武器と兵士が乗り込んできて、血で血を洗うような地上戦が行われる様子が想像できますか。

 目の前で家族や友人の身体が千切れ飛ぶ場面を、想像できますか。

 わたしたち沖縄県民が小学生のころから学ぶ「平和教育」の大部分は、そのような戦争の悲惨さを知ることであり、だから(地上戦などを招く)戦争は起こしてはならないものであり、世界は平和であってほしいと願うようになる。という図式になっています。

 特に小中学生の時期を沖縄県で過ごせば、特に地上戦の悲惨さを学ぶことになります。これはおそらく、他の都道府県の平和教育とは違った内容だと思われます。なぜなら人間同士が相対して行われる地上戦は、日本ではこの島にしか起こらなかったからです。

 広島・長崎の平和祈念資料館では、原爆を落とされる前後からの経緯が記され、写真や映像と始めとする、それはそれは酷い資料があります。沖縄の平和祈念資料館にも同様に、地上戦を記録した酷い資料があります。これらを観た後で、戦争をしたいと考える人間はおそらくいないのではないかと思えるほど、酷い写真、映像があります。

 自分が(あるいは家族友人が)その戦地に赴くことを考えたら、いや、そんなことはあってはならないと素直に思います。

 一方で、いま話題になっているマンガに「空母いぶき」というタイトルがあります。「沈黙の艦隊」「ZIPANG」で有名なかわぐちかいじさんの作品です。

「沈黙の艦隊」で、核ミサイルを装備した原子力潜水艦の危険性から核兵器による戦力均衡の愚かさを指摘して国会でも取り上げられるほどの話題となり、はたまた「ZIPANG」では第2次大戦に迷い込んだ現役自衛艦(イージス艦)および自衛官が「身を守るための攻撃が許されるかどうか」という自らの存在意義に関わる命題に苦悩する姿を描いた作家で、この2作品のみならず。わたしも作品は読ませて頂いています。

 さて「空母いぶき」。

 ご存知の方も多くいらっしゃるでしょう。

 隣国・中国による日本国への侵攻(南西諸島への侵攻)と、それに対する日本国の対応を描いています。

 これらは2010年(平成22年)に尖閣諸島で発生した自衛艦と中国漁船の接触事件などをモチーフにして「もしも中国が日本から領土を切り取ろうとしたら」という物語が展開され、沖縄県内の先島諸島を中心に航空戦、海洋戦、そして地上戦が始まっています。

 沖縄県の地理的な条件、尖閣諸島で現実に繰り広げられるやり取りもあって、「このマンガは、もしもの話だから」とは、簡単には割り切れないくらいに説得力を持つ作品内容。

 そして現実の日本国の防衛白書に記載された「島嶼部に対する攻撃への対応」。

 沖縄県はまた、戦火に晒されようとしているのでしょうか。

 またもや戦争と舞台となるのでしょうか。

 沖縄戦終結から74年目の「慰霊の日」にそのようなことを考えざるを得ない現状を、こころから憂います。

 誰もが戦争を起こしたいとは思わないはず。と考えるのは愚かなのでしょうか。

 ただ、この場所に生きているから、という理由で戦争の犠牲になることを、誰が受け入れられるのでしょうか。

 「慰霊の日」は晴れの特異日で、沖縄県内ではかなり晴れる確率の高い日なのですが、昨日は30年ぶりの雨模様でした。

 わたしは30年前の「慰霊の日」の雨をよく憶えています。首里近辺では正午前にかなり激しく降った、スコールでした。

 昨日の雨は、スコールと言うほどではなく、しかし一日中降ったり止んだりを繰り返す空模様でした。

 まるで涙雨、などと使い古された表現を置くのは恐縮ですが、大いなる存在が人間世界の愚かさを嘆く、憂いの涙であるかもしれないと思いました。

 すべてを無くすかもしれない。この場所で、この場所に生きるわたしたちだけではなく、あなたの住む場所で、あなたも。

 21世紀の戦争はそういうものだと、想像するくらいは誰にでもできると思うのですけれど。

 沖縄らぶびたんDays、喜良原でした。

 ではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です