オリオンビールと新社長

 世界のみなさま、おはようございます。

 刺すような陽射しが絶好調! 沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 いやほんとに、光が物理的に刺す! 肌からチリチリと焦げる音がするようです。

 さて、少し古い話になりますが、先週月曜日(7月22日)、県外資本に買収されたオリオンビールの新社長就任会見が行われました。

 これまで、結構な頻度でオリオンビールの話題を取り上げてきましたので、正直あまり書くこともないのですが、誰もツッコミを入れなかった部分だけ少し触れておきましょうか。

 社長に就任された早瀬京鋳氏は、「社長に就任したばかりでまだ何も分からない。これから3か月程度でプランを作る」とコメントし、さらに「オリオンビールが、沖縄のビジネスモデルとなるように」として、「沖縄色を強め、まずは県内のシェア回復から目指し、沖縄からトレンドを発信していきたい」とまとめています。

 そうですよね。

 就任早々、いろいろな弱点が見えていたら、それはもはや人間の域を超えています。はじめの一歩の用語で語るなら「人外の者」ということになりますね。

 自分はまだ何も分からないから、分析し、構築していく。それは悪くないコメントだと思いますし、これまでのオリオンビールには全く見られなかった姿勢でもあります。

 メーカーという立場でありながら、これまでマーケティング部門がなかったというのも驚きですが(わたしは知っていたので驚きませんが笑)、ならばこれまではどのように市場を調査し、ニーズを把握し、商品を開発してきたのか。という疑問が浮かんできませんか。

 オリオンビールのスタイルはある意味で沖縄のビジネスモデルそのものと言えます。

まずは地元産商品ということで情に訴えて県民に購入を迫り、地元企業を応援してほしいと情に訴えて広告費を値切り、アメリカに里子に出されていたからと情に訴えて、収めるべき税金を値切って、それを利益に変えてきた。

 根性だけではどうにもならない時代に「創業者の魂を受け継ぐ」と手前味噌CMを作ってみたものの、どこにも誰にも刺さらない。

 自画自賛で自分のことしか語らない人間がいたら、その人間はどこまで存在を許されるか。他人の考えを聞き、心配りをする。そんなこともできない人間が、どこまで評価されるか、ですよ。

 新社長は今ごろ、驚いていることでしょう。

「なんで、こんなことも出来ていない会社があるんだ」

と。

 いやはや、売上280億・社員150人と言えば中小企業ですからね。県内では天下取った気持ちでしょうけれども。実際は取っていませんけれども。マーケティング部のない会社などは、中小企業にはまだまだあるのではないですか。

 しかし、毎年のことですが、恒例の夏イベント・オリオンビアフェストにおいては、明らかにイベント運営本部だろうというテントで、明らかにオリオンビール役員社員そして関係者だろうという人間たちが、お金を払ってビールを飲みに来ているお客様をほっぽって、ただ酒をかっ喰らっているのを見ていると、せっかくのビールが不味くなる。

 こんな会社だから、株主も売却を考えたのだろうと言いたくもなります。

 驕れるもの久しからず。

 いやほんとに、他人事ではない。特に県内企業にとっても、個人個人も。慎まねばなりませんね。

「(オリオンの)企業価値を高めて、5年後に沖縄資本に買い戻してもらう」

とは新社長の弁ですが、1株72000円を、いったい幾らでお売りになる考えなのでしょう。

果たして数千億円にも上るかもしれない資本を沖縄の企業が出せるとでもお思いなのでしょうか。

 慎み深く。

 沖縄らぶびたんDays、喜良原でした。

 ではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です