月別アーカイブ: 2020年1月

墜落と不時着と着水と、愛しさとせつなさと心細さと

 世界のみなさま、おはようございます。

 今さらながら「早くポイチを解任しろ!」「いや待て、オリンピックまではテスト期間だ。本番はW杯だからな」などと、脳みそが行ったり来たりしている、沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 いやしくも一国の代表監督をポイチだなどと呼び捨てる不遜は・・・・・・どのメディアも書いていないようですね、今のところは。

 監督の考えがどうであっても、サッカー協会の考えがどのようにあっても、とりあえず応援するチームが負けるのは見たくないし、あのような歴史的大惨敗が、いまさら許されるチームなのか、日本は。なんて考えてしまいますね。

 さて、去った1月25日、沖縄本島の東170㎞の海上に、米軍のヘリコプターが着水しました。墜落しました。不時着しました。さ、どれが正しいでしょうか。

 琉球新報は1月26日付け朝刊で「墜落」と報じ、沖縄タイムスは「不時着水」と報じ、テレビ各局は「不時着」と報じ、米軍の公式発表は「着水」でした。

 あれ? このヘリコプターは、フロート付きの水上機でしたっけ? 違いますね。海面に下りた後、水没したんですよね。

 だったら、墜落・・・・・・でも、不幸中の幸いで乗員は全員無事だそうですから、墜落とも言えないのか・・・・・・で、2016年に名護市の浅瀬にオスプレイが墜ちプレイしたときは、あれは明らかに墜落でしたね、機体も大破して。

 2015年のうるま市沖に墜ちたときは・・・・・・やはり墜落ですね、重傷者も出ましたし。

 じゃあ、表現としては・・・・・・という話はどちらでもいいんです、本当は。

 物事の本質は、米軍のヘリコプターが意図せぬ状態で意図せぬ場所に落ちたということなんですよ。墜落だろうが不時着だろうが着水だろうが、これが事故であることには間違いなく、そして、やっぱり人のいる場所の上空で起きたら大惨事になっていただろうなということですよね。本質は

 それでも飛行は続くし、米軍機は今日も沖縄の空を飛んでいるわけで。

 世界一危険な飛行場だという基地はあと10年以上も放置プレイだというのに、平気な顔してババンバンな国会議員さんは、カジノ絡みで領収証なしのお金を受け取っておいて、最近は「真っ白なジャンパー」を羽織って、国道58号線の泊交差点付近で朝立ちしていると。

 おめーに真っ白なジャンパーは似合わねーと言いたげな視線を送ることもなく、市民は素通りしていますよ。もう無視。シカト。あれ? このひと、結局は地元のために何か実現してくれたかしら?的な。もう20年以上も国会議員をやっているようだけど、何かトクしたかしら、わたしたち。的な。

 まあ、国会議員も職業ですからね、昨今は。

 昔のように「お国のため」なんちゅうことは無いでしょう。

 もう二大政党制でいいので、はやく野党も強くなってくれたら、もう少し政治も面白くなると思いますけれども。

 本質から目を逸らされたら、その代償は国民が負うことになる。

 わたしたちも刮目していなければなりませんね。

 ちなみにオリンピックのサッカー日本代表、わたしは1次リーグ敗退と見ます。その前のW杯2次予選ではさすがに負けないでしょうが、最終予選で負けることも有り得るわけですよね。オリンピックまでポイチさんを引っ張って、ダメだったときにサッカー協会はどうするのでしょう。

 わたしなら、ポイチさんはオリンピックに専念してもらって、いますぐ別の監督を日本代表に据えますけど。ストイコビッチさんとか最高ですね。

 サッカー協会の幹部のメンツとか、どうでもいいですよ。

 メンツがどうとか、やっている間に対処が遅れてしまう。どうも日本型組織の上の人たち世代(世代ですよ、世代。1950年代生まれとか)には、そういう人たちが多いようです。

 潰すつもりですか。

 日本サッカーを。会社を。社会を? 日本を?

 いやはや、愛しさより切なさより、心細いが勝ってしまう沖縄らぶびたんDays、喜良原でした。

 ではまた次回。

離職率は全国の1.3倍(新卒3年)

 世界のみなさま、あけましておめでとうござます。

 昨年末はとうとう息切れしてしまった沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 いやもー動悸息切れ半端なしですよ。ここ数ヶ月のバタバタぶりはまだ続きそうですが、どうにかこうにか書けるところは温かいうちに書いておきましょうか。

 というわけで本題なのですが、「沖縄県内の新卒者(高卒・大卒)の3年以内の離職率は全国の1.3倍」ということです。詳しい数字は琉球新報1月6日付け2面からご覧ください。

 その記事に書かれていた退職の理由。「仕事が自分に合わない」「人間関係が良くなかった」「休日・休暇の条件が良くなかった」とのことです。

 まあ、若い人に限らず、大人も含めた多くの人がやめる理由がそれじゃないかと思います。自分の条件に合うか合わないか、ですからね。この給与に見合う(あるいは我慢できる)だけの仕事内容・業務量か、人間関係か、休日休暇か。

 まあ、普通です。特に目新しくもない退職理由です。これはオオゲサに捉えなくてもいい。

 というわけで、その記事に書かれている「沖縄労働局の部長コメント」に噛みつくわけですが、某部長は「仕事内容や社風をしっかり理解しないまま入社したと考えられる」と分析なされた上で、「(中略)得意としない業務や部署に配属されたときのことも想定すべきだ」と提言。

さらには「(中略)離職後の次の就職条件が悪くなる可能性もある」と述べて、企業側には「(人材定着のために)仕事内容や求める人材、労働条件など情報を開示してミスマッチをなくす、従業員のニーズに応じた働き方改革を進めることが重要」と説き、「人を育てるのは会社の責務だ。どのように一人前に育てるかという構想がないと従業員は不安だ。教育訓練などにお金を使ってほしい。それだけ力を入れて育てることは相手に伝わり、離職防止につながる」と強調されております。

 あれ。記事の無断転載に近い状態になってしまった。もう一度記事にリンクしておきますから、詳しくはそちらをお読みください。

 この方の仰りようはあまりに一面的すぎて、あるいはいかにも現代風すぎて、笑ってしまいました。

 まず仕事内容や社風は、長く務めないと分からないことです。会社訪問をしようがインターンで経験しようが、3年務めるより理解できるなんてことはありません。

 だから、どこかの会社に勤めるというのは「人生における大きな賭け」なのです。

 これは高校生・大学生で将来就職を考えている方に大きな声で言っておきたいのですが、最悪の事態を想定してから、入社してください。企業はどれも自社の良いところしか言いません。見せません。ですから、「この会社に入ったとき、自分にとって最悪の状態は何であるか。自分はその状況に耐えられるのか否か」を考えてくださいということです。

 いまはブラック企業なんて言葉もありますが、実際に大事なことは、給与に見合う(この給与で我慢できる)だけのメリットがあるか。ということでしょう。

 入社する会社が好きな分野なら、好きな分野だからと頑張れる。好きな分野でなくとも、給与に見合う仕事(内容・量・待遇・環境)なら頑張れる。

 仕事に就くというのは、そういう二択の世界なのです。頑張れなくなったらやめる。それだけのことです。

 問題は、「どこまで頑張れるか」なんですよ。あなたは、どこまで頑張れますか?

 などと言いつつ、今度は記事に戻って「日本では勤続年数の長い人が優遇される」とありますが、昔から「特別なスキルのある人」は中途入社でも評価される風潮はありましたし、今は完全にそんな時代ですから、ねえ。

 だから、「特別なスキルを持て」ということですよね。昔はそれが「資格」でしたね。今もそうかもしれません。いろいろなスキル(あるいは資格)で、世の中に役立てられそうなものを習得しておく。

 そういう教育を、誰かがやっていますか?

 夢を見せるだけではダメです。現実的に「将来の進みたい道に備えて、特別なスキルを持て」という教育です。「今は特に進みたい道がなくても、将来のためにいくつかスキルを持っておきなさい」という教育です。

 こういうことは、家庭でもできることなのですが、みなさん、いかがでしょうか。

 家庭でこういう話をしていますか?

 長くなりそうなので、最後にもう1点。

 某部長の「どのように一人前に育てるかという構想がないと・・・・・・」の件ですが、こういう考え方をする大人が多い上に、不安がる学生もたくさん存在するという事実が最大の問題点だと、誰か気づいていますかね。

 わたしたちが若い頃は「仕事のできないヤツには人権がない」という時代で、さらにひどいことには「仕事は教わるもんじゃない、できるヤツのやり方をまねろ」という先輩がざらにいましたから。

 わたしは自分自身の痛い経験から「教えていないことに責任を持てとは言わない」と若い人間には話しています。が、しかし「新人の自分には人材育成プログラムを受ける権利がある」と考えている若い人間たちのアホさ加減には閉口しています。

 そういう若い人間を輩出している現在の教育にも。

 あまりにも権利意識ばかりが強すぎて、ですよ。

 あまりにも義務感がなさ過ぎて、ですよ。

 給与を定期的なお小遣いレベルと捉えているんじゃないかと思われるような輩について、ですよ。閉口しています。

 まず会社とは何なのか。社会とは何なのか。自立とは何なのか。その辺りをきっちり教える教育が必要だとわたしは考えています。

 その教育は子どもだけではなく、親も受けるべきです。

 子ども可愛さに「つらかったら、すぐに辞めていいからね。会社はいくらでもある」なんて言っていませんか。

 そんな状況に子どもを「追い込んで」いませんか。

 それより前に、「何かスキルを身につけろ」と教えたほうが良いのではありませんか。

 役立つ人材は、仕事に困ることはない。

 ならば、役立つ人材になるためには。

 そういうことを指摘する人がいて、そういうことを教える教育があればいいのでは。

 競争激化の時代から、競争は良くない、順番をつけるのはやめようとなり、個人の尊重が重要な課題となり、主役の桃太郎が5人もいる時代が到来したかと思えば、今度は離職率ですか。

 個人の尊重は重要であり、権利でもあります。しかし、それと同じくらい義務も重要じゃないかと思うのはわたしだけでしょうか。

 やばい、新年から止まらない感じになってきたので、今日はここまで。

 どなたさまにもご健勝で、またよろしき1年でありますように。

 今年もまたお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 沖縄らぶびたんDays、喜良原でした。