産業構造の原点回帰

 世界のみなさま、おはようございます。

 沖縄県が「5分の1アクション」と名付けた行動指針を打ち出したこと、そしてそれについて「中身がない!」と突っ込んでいる県内メディアの構図を嘲笑……ではなく微笑ましい気持ちに駆られている沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 何と申しましょう。ここまで来て「独自の緊急事態宣言」なるものを表明する県も県なら、具体策を出すのは県の責任じゃん!的な発想で自分たちでは何をするでもないメディアの構図がですね……沖縄も日本じゃん。と思わせてくれますね。

 さらには、相変わらず「金をくれ、助成金くれ」の県内企業を見ますと、うんざりですね。あんたたち経営者は何をやっていたのかと。生活保護をもらってタクシーに乗ってパチンコに行く人たちと、あまり変わらないようにしか見えません。

 さて、緊急事態宣言が全国に拡大されました。

 ここでハッキリしてきたことがあります。それは緊急事態においては「ブツとカネを持っているヤツが強い」ということです。ブツもカネもないわたしが指摘するのもちゃんちゃらおかしいですが、こういう状態においては間違いなく「ブツとカネを持っているヤツが強い」のです。

 日本のみなさん、お気づきでしょう。新型コロナウイルスの発信地である中国の生産また物流がストップしたために、日本でもいろいろなものが静かに不足していることを。

 たとえば分かりやすいところで言うと、建築資材や住宅設備。これらの大部分は日本メーカーの中国拠点で生産されているため、物流が止まった現在、建築現場がストップしています。当然ですね、材料も設備もないのに、建築ができるわけがない。食材のない場所に料理人がいるようなものです。開店休業状態。それが現在の建築現場です。

 そこから当然のように、これまで超高値水準だった建設業の人件費が下がるでしょう。人が余っている状態になるからです。生産が回復してもしばらくは在庫薄が続くでしょうから、建築現場の人余りも続きます。そうすると、、、書いていて恐ろしさに気づいたのでちょっと書くのを自粛しようかなと思うような事態になりそうです。

 マスメディアは「物不足」を報じません。そうでなくともデマに踊らされた民草がトイレットペーパーやティッシュペーパーを買いあさって大騒ぎになったりしたので、「物不足」については報じることを恐れているのです。

 しかしそれでいいとわたしは考えています。なぜなら怖いのは民草の行動だから。ほんと、風なびく草ですよね。デマに騙されたアホが動くと、自分も動かないといけなくなる。なぜならアホに限って買い占めをするから。

 流通や小売業の方々は、今のうちからすべての商品に「おひとりさま〇個まで」とルールを決めておいて、馴染ませる期間を設けたほうがいいと思います。トイレットペーパーやティッシュペーパーの二の舞はあり得る話だからです。

 お、話がかなり逸れました。

 今日の本筋は「こういう非常事態にはブツとカネをもっているヤツが強い」です。つまり、沖縄も、日本国も、第1次産業と第2次産業が弱い状況下、とりあえずカネ持ってんぞー、IT中心の第3次産業で世界に展開するぞー、GAFAに続けー!などと考えていると思いますが、こういう非常事態において「実は海外で生産しているから、いろいろな物流が止まってます、テヘペロ」的な状況が見えてきたと。

 え。マスクでさえ増産できないの? え。466億円もかけて不良品や混入物をまき散らしているアベノマスクは、実はミャンマーで生産していて、財務大臣がミャンマー協会の会長をやってんの? とか、そういう話ばかりです。

 日本を支える企業のみなさま。

 こんなクズ内閣と腐れ政治屋たちは捨て置いて、これからは第1次産業と第2次産業に手を伸ばしませんか。特に「ものづくり」で経済大国に成りあがった我が国です。これからの日本企業は「ブツもカネもあるヤツ」にシフトするべきだと、わたしは真剣に提案します。

 国内生産。これです。資源は輸入せざるを得ないかもしれない。それでも。

 もしわたしが内閣の代表(総理というのですか?)だったら、どうするか。いますぐ農林水産業に力を入れて、「ものづくり大国・日本」の再生を目指し、さらには自然エネルギーの開発に全力を注ぎます。既得権益より国益。全力でシフトチェンジ。これです。

 結果として、SDGs。そういうことだと思います。

 沖縄県では……の、このあたりの詳しい話は、また別の機会に。

 ではまた次回。

 喜良原でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です