コロナの日陰

 世界のみなさま、おはようございます。喜良原(きらはら)です。

 沖縄は晴れ。気温は手元の温度計で25℃。太陽がまぶしいですね。

コロナと言えば本来クラウン(王冠)の語源でもあり、太陽の大気を示す言葉なのですが、形が似ているからと名付けられたウイルスのおかげでビール会社は生産停止の選択を迫られ、世界経済は追い詰められ、地球規模で影を落としています。

 そのコロナの日陰で、先日、我が日本国政府は、辺野古新基地の設計変更申請を沖縄県に対して行いました。

 年明けからの豚熱に続きコロナ禍で必死になっている自治体に対して、(新聞報道によれば)約2000ページもの文書をぶっこんだそうです。

 たいそうな国民思いの政府ですね。

 指示した人、雲鼓布目。夜露死苦。笑

 またコロナの日陰では、アベノマスク内閣が緊急事態に対応するための条項を憲法に盛り込もうとする改憲を試みているそうです。

まるで火事場泥棒ですよね。

伝染病に苦しむ国民をそばに置いて、平和主義的憲法に、国家総動員法にも通じる改憲案を盛り込もうとする。もうすでに緊急事態宣言に関する法律を施行したというのに、わざわざ改憲を進める。どう考えても自衛隊含めた改憲のリハーサルです。

 改憲に賛成する人、チャンスですね。

 気がついたら戦争、になっていたりしても、それでいいのでしょう。わたしはゴメンですけど。

 そうそう、466億円のアベノマスク。とあるペーパーカンパニーにも発注していたそうですが、どのような基準で発注に至ったのか、納得できる理由をご提示いただきたいですね。

 国の発注基準を知っている人間からすれば、設立3年の(しかもペーパー)カンパニーが数億円もの金額を受注するのは、それだけで異常事態ですよ。

 マスメディアのみなさま、チャンスです。

 ここは穿れるだけ穿ったほうが良いです。口利きもしていないそうですから、内閣とも連立与党とも無関係とのことですから。ぜひぜひグリグリやって頂きたい。

 うおー、日陰の話をしようと思っているのに、ついつい日なたの話をしてしまいます。

 6月に予定されている沖縄県議選は、ほんとうに実施するのでしょうか。「コロナウイルス対策のため、県議の報酬を自主返納します!」と公約した候補者に、わたしの持っている票を集めることを約束します。声掛けしかできませんが。笑 まずは手持ちの一票を。

 GW期間中の沖縄行き航空便の予約がまだ数万件も残っているという報道。数字だけが駆け巡っているようですが、現時点での観光旅行はご遠慮ください。不要不急の出張は延期なさってください。

 本日(4月30日)現在、まだ15000件の予約があるそうです。不要不急ならば、しばらくは渡航をご遠慮いただけるでしょうか。今いる場所で、ステイです。

 経営している冷麺などの店舗があった場合でも、どうぞテレワークでご対応ください。ついでにゴルフをプレーしようなんて、とんでもない。プレーして頂いたゴルフ場も、実名がばれただけではなく、消毒の費用など金銭的にも大迷惑をこうむったという情報です。

 わたし自身、旅行も出張も3月からは控えております。行って迷惑、帰って迷惑。いまは自制の時機ですね。

 時は止まることなく、コロナの日なたでも日陰でも、いろいろな事態は進行しています。いま思うことは、共通認識としての「良き処へ」ですね。

 桜を見る集いなどは良きとは思えませんね。集団での参拝も。

 野党さえ強ければなあ。

 じゃあお前がやってみろ。と言われそうで怖いですけれども。

 喜良原でした。

 ではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です