戦後75年目の慰霊の日

 世界のみなさま、おはようございます。

 異例な慰霊の日。沖縄らぶびたんDaysの喜良原です。

 なにが異例なのかと申しますと、沖縄では「慰霊の日」はいわゆる「晴れの特異日」となっていて、日本で一番強い陽射し(緯度的に)が燦燦と降り注ぎ、そのなかで「沖縄全戦没者追悼式典」が開かれるのが毎年の光景です。

 時期的にも「慰霊の日」前後が梅雨明けとなっていて、ここから3週間くらいの期間が、みなさまが思い浮かべる「沖縄らしい」美しさのピークと言えます。空気が澄んでいて、太陽が殴りつけるように照らしつけて、海はどこまでも碧く、空は果て無く蒼い沖縄です。

 それが本日は、朝から激しい土砂降り。いまも雨こそあがったものの、雲が厚く空を覆っています。忘れていたのですが、記事を見直すと昨年の今日も雨だったと書いていますので、もしかしたら天候そのものが変わり始めているのかもしれません。

仮に、「毎年、この時期にはこんな天気、こんな風物詩」という流れがいつの間にか変わっていくものだとして、終戦直後から平和の尊さを身を以て学び、常に追い求めてきたはずの日本という国も、いつの間にか武装を考えるようになり、昨今にはイージスアショアを見送る代替案として「(発射前)敵基地を攻撃する能力を開発する」などという恐ろしい「殴られる直前に殴りつけろ」的な発想もあると報道されているのを見ると、戦後75年なのか(第3次大戦の)戦争前夜なのか分からなくなってきます。

民族というものがあり、国境というものがあるから争いが生まれる。と言われて久しいですね。まさしく人間の歴史は有史以来、争いの繰り返しですから。

わたしとて、別に殴られる前に殴ろうとは思いませんが、殴られたら殴り返すでしょうから、あまり偉そうなことは言えません。悲しいかな、敵意を向けられたら敵意で反応してしまうのが生存本能なのかもしれません。

右の頬を打たれたら、その流れで右フックを相手の左頬に打ち込みなさいと。あるいは右の頬にパンチが飛んで来たら、ダッキングから身体を振って左ボディだよと。そういう反応をしてしまう悲しさがあります。

 人間らしさ。

 人間には言葉があります。相手のことを理解できる知性もあります。ただ、それもやはり教育次第だという大きな側面があります。

 戦争を避けるため、お互いに話し合い、理解し合い、譲り合う。人間にはそれができるはずです。と、信じたい今日この頃。

 その一方で、可能な限り争いごとは避けたいが、もし火の粉が降ってくるなら、振り払うのは当然だと考える自分もいる。

 揺れながら、揺れながら、国民世論がゆっくりと戦争容認に傾いていくことだけは、絶対に避けたい……のではありませんか?

 戦場ではどの時代にあっても、まず遠距離からの攻撃で相手に打撃を与え、次の接近戦で勝敗を決するというセオリーに変わりはありません。

 昔は弓矢や投石器が遠距離からの武器で、銃が生まれれば銃が、砲が開発されれば砲が、海上では艦砲、飛行機が開発されれば空爆が、そして現代では核ミサイルを始めとする超長距離から短距離ミサイルまで揃っています。

まずわたしたちのような一般人は開戦が宣言された5分後にはミサイル着弾で死んでいることでしょう。沖縄のように基地のある場所、そして首都圏や人口の多い地域は、特に狙われることでしょう。

 おそらく戦争の相手となる国も同様に、開戦数分で、夥しい数の国民が死んでしまうことでしょう。

 それでも戦争が良いのでしょうか。と、誰しも理屈は分かっているのですよね。

 平和を願う人にできること。平和を願っていると叫ぶ。平和でありましょうと叫ぶ。お互いに理解し合いましょうと叫ぶ。叫ぶことしかできなくても、声を挙げましょう。

 そして来年には戦後76年目をみんなで迎えましょう。

 そして再来年には戦後77年目をみんなで迎えましょう。

 そして2045年には戦後100年目をみんなで迎えましょう。

 喜良原でした。

 ではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です