月別アーカイブ: 2020年7月

ALS嘱託殺人とドクターキリコ

 世界のみなさま、おはようございます。朝起きたら雨の降った気配。ああ、洗濯物がぁ……。あと1時間早く起きていれば……いえ、目は覚めたのですよ。身体を起き上がらせなかっただけ。俗に(沖縄で)言う「ふゆう」ですね。怠けてしまった。わたしは「ふゆーさー」、怠け者です。

 さて、今日の話題はALS嘱託殺人。

 ものすごく悲しくて、複雑で、日本に限らないと思いますが、難病を罹患された方に優しくない社会の闇について考えさせられる事件です。

 同じALS患者である国会議員が「難病患者の生きる権利を奪わないでほしい」と発言しておりました。この方以外の誰かの発言ならば「綺麗事を言うな」という反応をしたかもしれませんが、同じALS患者の発言です。重みがあります。

 社会的また法律的には「嘱託殺人」で裁かれるべきこの事件ですが、世間一般には同情する意見も少なくないでしょう。

 しかしこれは、安楽死に関する厳格なる法律が整備されない限り、今のところは「殺人事件」とされるべきなのです。なぜなら、「嘱託殺人に見せかけた殺人事件」が生まれてはいけないからです。判断に迷う事件が生まれてもいけません。

漫画「ブラックジャック」の登場人物であるドクターキリコは、実際にはそう簡単に存在してはいけない存在なのです。

 仮に、仮に、法律的に安楽死が認められたとして、それを利用して死を希望するひとが現れたとして、それが「周囲の意志を忖度した自殺志願」ではないと、どのようにすれば証明できるでしょうか。

 たとえば何らかの理由で身体が動かなくなってしまい、24時間体制の介護が必要となった自分がいて、経済的にも物理的にも家族に負担をかけるようになってしまった自分がいて、「家族に迷惑をかけて生きるくらいなら、安楽死したい」と安楽死の申請を出す人のうち、何割くらいが「本当は身体が動かなくても生きていたいけど」という気持ちを「全く持っていない」のか。という話です。

 そして、経済的にも物理的にも負担になってしまった人に対して、周囲の人間が「できれば死んでほしい」と思うか思わないか。そういう話です。

 経済的にあるいは物理的に誰にも迷惑をかけないなら、生きていたかった。と、今回の事件で亡くなられた方が全く考えていなかったのか。それは誰にも分からない話です。

 大金を払ってまで、自分の生命を終わらせてほしいと願う病人がおり、それに応える人がいた。法律としては、その行為を裁く。

 このようなことが起きてはならないと、、、わたしには断言できません。

 病のために経済的な負担をしたことがありますか? 誰かに負担をかけたことがありますか? 身体が動かなくなった自分を想像できますか? そのとき自分が死のうとは考えない、と断言することができないの同じように、今回の事件と同じことが起きてはならないと断言することができません。

 願わくば、たとえば難病やケガなどで動けなくなった人が、死んでしまいたいとなるべく考えずにすむ世界であってほしいと。

 技術が進歩すれば、いつかそういう時代がやってくるのかもしれない。

 それでも死んでしまいたいと考える人はゼロにはならないかもしれない。

 ただ。

 死んでしまいたいと考える理由が、周囲のどんな状況にも関係なく、ただ自分のなかだけの理由であってほしいと。

 そう願うわたしがいます。

 一方で。

 安楽死を認める法律は必要なのではないかと考える自分もいます。

 どのようなシチュエーションかは分からないが、生きる権利と死ぬ権利は、同義であると考えるのはわたしだけではないでしょう。

 強盗GOTOキャンペーンに代表される最近の拙速な法案・法律のように決められては困りますので、最高の官僚チームによって最大限の配慮がなされた法律の整備を進めて頂きたいと考えます。

 このような細やかな配慮が必要な法律は、政治家ではなく官僚の得意分野です。ぜひ、そのような法律が整備されてほしいと願っています。

 人にやさしい社会。何がやさしさなのか、答えはひとつではないとしても。

 喜良原でした。

 ではまた次回。

政治家か、官僚か。

 世界のみなさま、おはようございます。日曜日から好天に戻った沖縄から、喜良原(きらはら)です。豪雨災害について、衷心よりお見舞い申し上げます。

 そんな最中に、とうとう今日からGOTOトラベルキャンペーンが始まることになりました。もう始まっているのですね。

 東京発着の便を除くとありますが、都民の皆様は電車で近隣県の空港辺りに移動すれば適用除外を免れるのでしょうか。身分証明が必要となれば、それは不可能になりますか。

 GOTOトラベルキャンペーンの実施について、意見は人それぞれだと思います。賛成の人、反対の人、条件付きの人、いろいろあるでしょう。

 そんな人たちでもひとつだけ共通の認識があると思います。

 「このブレブレ感は、なぜ?」

 ということです。

 東京だけではなく、大都市圏だけではなく、そろそろコロナ禍の第2波と呼べそうな状況になってきた。でも、最初の緊急事態宣言で経済は体力低下している。国内随一の財力を誇っていた東京でもこれ以上の補償は苦しい。もう全国で経済を止めるのは不可能だ。

 というのが日本全国の状況だと思います。

 沖縄県でも、たとえば観光客の皆さんが必ず一度は訪ねるであろう国際通りでも次々と店舗が閉店しています。休業ではなく、閉店です。旅行会社ではなく、まず末端の個店から閉店しているという事実。観光客をメインとする飲食店やお土産品店、プレイスポットなどから軒並み閉店していますが、それらの店舗に食材や商材を納入している業者にも閉店の波は及んでいます。

 それでも、Eatや商店街ではなく、真っ先にトラベルが始まった理由は?

 まず地域の飲食店や商店街を助けるのではなく、真っ先にトラベルから着手された理由はなんでしょう?

 ま、どう考えても旅行業界からカネが流れていますよね。

 と考えていたら、まさにその通りだという報道が発表されました。献金という形ですが、それなら裏ではどのくらいのカネが流れているのでしょうかと思いを馳せてしまいますネ。

トラベルで救われるのは大きな企業体。体力の弱いところは、血流が良くなって血が流れてくるまで保たないものと思われます。

 このような状況下なのに、恥も臆面もなくブレブレ感を露呈しながらもGOTOトラベルを見切り発車させたのは誰なのでしょうか。

 政治家か、官僚か。

 今日のタイトルは、そういうことなのでした。

 旅行業界からカネを受け取ってしまったがゆえに、GOTOトラベルキャンペーンを見切り発車せざるを得なかった。しかも、キャンセル料の補償までやるはめになった。

 コロナ禍の現状を無視して、国民の感情を無視して、旅行業界の上層だけが救われる施策を見切り発車する。これってどうなのでしょうね。

 喜良原でした。

 ではまた次回。

GOTOキャンペーンで得する人たち。

 世界のみなさま、おはようございます。

 晴れたり曇ったり豪雨になったり、目まぐるしく変わる天候に揺さぶられている沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 長引く梅雨の豪雨で大きな被害を被っている日本全国のみなさまに、衷心よりお見舞い申し上げます。コロナ禍に加えての現状に、涙がこぼれるばかりです。

 さて、世間を賑わせております政府施策「GOTOキャンペーン」です。現時点で特に紛糾しているのは「トラベル」だと思われますが、もちろん本当に斬りつけるべきはこのキャンペーンのシステムそのものであることは間違いありません。

 このGOTOキャンペーンは、4つの分野があります。つまり「トラベルTravel」「イートEat」「イベントEvent」「商店街」の4つの分野です。

 それぞれの分野で「キャンペーン加盟店に対して」消費者が消費行動をすると、その費用を何割か国が負担する。というやり方のキャンペーンです。

 このシステムの何が悪い? と考える人は、このブログを読んだりはしないと思いますが、このキャンペーンのひどいところは「加盟店のみが利益を享受する」だけじゃなく、「消費行動に出た人だけが利益を享受する」だけでもなく、それらに加えて「加盟店のなかでも競争力の強い会社だけが利益を吸い上げる・弱肉強食システム」であるということなんですよね。

 この数か月間の間に、旅行会社はだんだん血を抜かれるように弱っていることでしょう。特に業界トップは旅行業メインの会社ですから人間の往来がストップしてしまえば、あとは経費だけが傷口から血が流れるように出ていくわけですね。

 そこで全国各地の拠点に「何でもいいから官公庁の予算を分捕れ」という指令を飛ばし、さらには中央省庁からGOTOキャンペーン約1.7兆円なる予算を引き出したと。

 兆ですよ。億じゃない。「ちょうえん」と入力したら「腸炎」と変換されたほど、わたしには縁遠い金額です。苦笑

 ここで「キャンペーンの利益を受けるためには、加盟店になればいい」的な発想になるのは当然なのですが、そして「加盟店になること」をわたしもお勧めします。が、忘れないでくださいね。業界の巨人たちにはまだキャンペーン絡みのCMを打つ予算は残っていて、死に物狂いでCMを打つでしょう。つまりCMを打つ予算が少ないほど、会社の規模が小さくなるほど、1.7兆円を奪い合う競争は劣勢に立たされるであろうということです。

 はい、ここでも大企業優先のシステムが展開されているわけです。わたくし喜良原、別に弱肉強食の世界がイヤなのではありませんよ。官公庁の事業が弱肉強食のシステムであってはならないと申しているのです。

 観光客がもたらす利益は旅行業界のみならず、お土産品や飲食店、観光施設などにも波及し、大きな影響を生んでいます。

 しかし、このGOTOキャンペーン(Travel)で利益を得るのはまず旅行会社であって、お土産屋さんでも観光施設でもありませんから。わたしには観光業界を救おうではなく、旅行会社にお金を供給しようというキャンペーンにしか見えません。うがった見方かもしれませんが。

 GOTOキャンペーン。いずれにしろ拙速です。Travelで県境をまたぐような移動を促進すべきではありません。ほかの3つでも、この方式のキャンペーンでは弱肉強食の誹りを逃れられないでしょう。弱者救済のできない政府の施策は実施されるべきではないでしょう。

 代案を?

 そうですね。物流は止めずに、特にコロナ陽性者の多い東京・大阪・神奈川・埼玉・千葉・北海道から県境を越えての人の出入りを止める。ということでしょうね。まずは人の動きを制限して、感染拡大を食い止める。

 次に、もちろんサービス業から第1次産業に切り替える起業に予算を注ぎ込む。これですね。経済の基本は生産・消費です。旅行業に人が余っているならば、その余剰人員を別の事業に注げばよい。と、わたしなどは考えますけど。

 話が大きくなりすぎて、見えなくなってしまいそうですが、GOTOキャンペーンは何にも刺さらない、大企業だけを助けるひどい施策だと思えます。

 今日はそういう話でした。

 喜良原でした。

 ではまた次回。

沖縄の新聞社(琉球新報と沖縄タイムス)

 世界のみなさま、おはようございます。朝から毒づく先(笑)を探している沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 なんだか毒づいては斬りつけるだけのブログになっていやしないか?(反語・なっているだらう)

 という不安を常に抱えつつ、他人の愚痴を読み続けるのは辛い(からいではなく)から、せめて楽しくありたいという思いを込めて、最近の琉球新報社の記事に「某ビール会社の会長の経営論」的なインタビュー記事があったことをひとつ。

 記事によれば「先を語るのは誰でもできる。経営は先の先を読むことだ」と語っておられたとのことですが、ファンドに経営権を奪われた元・経営者の言葉とは思えませんね。先を読んだ結果がこれかと。

 さらには記事中で、創業者を賛美する言葉を並べています。ファンドが出てくるきっかけとなったのは創業家からファンドに対して働きかけがあったから。この動きの理由には、創業者一族と経営陣との行き違いもあったようですから。ファンドに動かれる前に、良い値をつけて創業家の株式を買い取ることができていれば、という嘆きも今は空の彼方。

 過ぎ去った時間は元には戻せません。(わたしも肝に銘じよう)

 いまさらの人物を6月にも7月にも紙面1ページを割いて登場させるあたり・・・まあ、自社の紙面をどのように使おうと新聞社の勝手です。

 徒然なるままに、某コンビニの王者が沖縄に登場して、もうすぐ1年。これまた新聞ではインタビューという名の提灯記事が連発されているわけです。

 こういうものを経済記事と呼ぶのでしょうか。ただのひたすら本人たちの言い分を書き連ねているだけで、鋭いツッコミを入れるわけでもない。ほんとに提灯記事。

 どこかの砲撃雑誌を貴ぶわけではありませんが、新聞社と地元経済界、新聞社と地元政界、このあたりの馴れ合いが解消されない限り、沖縄が発展するとは思えませんね。

 市民の視線だと自負するが、実際には上の方々とのお付き合いがまるで自分のステータスを上げてくれると勘違いしたか、沖縄を動かしているのは自分だと浸っているのか、何とも緊張感のない記事ばかり。

 基地ばかりに紙面を割くのではなく、もっと市民目線で記事を書いてもらいたいものです。もっと若い世代が読みたくなるメディアであること。新聞が生き残るために、何をなすべきか。もっと市民に寄り添ったメディアであるべきなのです。政財界に寄り添うのではなく。そういうことです。

 個人的には、新聞社を応援していますヨ。これほんとです。その取材能力だけでも、新聞というメディアには大きな価値がありますから。紙面がWEB紙面になってもいい。きちんとした取材と、確固たる矜持で、政財界に斬りつける存在であってほしいと願います。

 喜良原でした。

 ではまた次回。

3歳児の餓死に思うこと。

 世界のみなさま、おはようございます。68日ぶりに沖縄県内で新型コロナウイルス患者が発生したことを、まあ予測通りだよねという気持ちで眺めている沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 6月19日の渡航自粛解除から2週間。昨日のニュースでは、米軍関係者にも(おそらくアメリカ国内で感染しただろうと思われる)陽性反応者が出ていますし、鹿児島市に滞在中の石垣海上保安部職員も鹿児島市内のショーパブ(お店の名前が笑えます)で感染したことが報道されています。

 これからまた増えていくことが懸念されます。

 以前に書きました通り、うんこ味のカレーか、カレー味のうんこか。という局面が見えてきましたね。経済と感染抑止。経済を止めれば感染が抑えられることは実証できましたから。ついでに大気汚染が劇的に収まることも実証されましたけど。笑

 どちらがカレーなのかは分かりませんが、日本国が選択を迫られ続けている究極の二択は、そろそろ2回目の局面を迎えそうです。

 さて、そんな社会状況のせいなのか、またも悲しいニュースが。

「3歳女児が餓死・シングルマザーの育児放棄で」という内容ですね。

 詳しくは他のメディアに譲りますが、この悲しみよ。

 育児放棄のニュースが流れるたびに「ならばなぜ生んだ」と、こころのなかで問いが生まれます。

 「望んで生んだのではない」という返答が帰ってきたら、、、どうしましょうかね。たとえば性犯罪に巻き込まれたら、こういう返答になるかもしれませんが、そのときは「出産する・しない」の判断や決断をするでしょうから……。

 ああ、思考が散らかります。

 子どもを産むには資格がある。最近はそう考えるようになりました。資格がない人は、セックスさえしないでほしい。恋愛さえしないでほしい。

 子どもは社会の宝です。

生命に軽重はないと言うけれど、子どもの生命は大人のそれより大事に扱われるべき。なぜなら子どもには身を守る力がないから。庇護を受けるべき存在だから。

 大事にされないまま、育った子どもが大きくなって、我が子につらく当たるのだとしたら、その悲しいスパイラルをどこかで止めないといけない。

 どうすれば良いのでしょうね。

 このようなニュースが流れるたび、悲しい悲しい気持ちになります。

 子どもが、誰からも守られる社会であってほしい。子どもが大切にされる社会であってほしい。切に願います。大人は子どもを大切にするべき。自分より弱い存在を大切にするのは、人として当たり前のことではないのですか。

 ああ。

 良くない見本がありますものね。これも政治のせいだと言いたくはありませんけど、自分たちの都合だけで権力を振りかざして好き勝手やっている人たちがね。

 ごめんなさい、若い世代の人たち。ごめんなさい、子どもたち。

こんな大人たちばかりで、ごめんなさい。