月別アーカイブ: 2020年10月

首里城焼失から1年なのですね。

在りし日の首里城トワイライト

あーもー、県内メディアの皆様が、悲劇的にあおりまくってうるさいです。

センチメンタルに「首里城焼失から1年」と挙って特集を組みまくっております。

沖縄の人って、何か悲劇がお好きなのかしらと自問自答してしまう今日この頃。

原因究明を徹底的に→原因はハッキリしない。

そりゃそうでしょう。

追及するほど追い詰められていく人たちがいるから。

主に首里城公園の管理者の皆さんですが。

国の立場からすれば、「沖縄県に貸しができたな」という感じですよね。

管理者移管から1年も経たないうちに炎上焼失。

沖縄県の立場からは、特大の借り1ですね。

県民は何も借りていませんが。

あまりにも悲劇的な側面だけ強調されていて、わたしはもう食傷気味です。

ものまうす。

県議会議員のクラスター

あれ。大きすぎたかしら。

※写真は関係ありません。

というのが浮かんで、思わずやってしまいました。

沖縄県議会の議員先生(自民党県連)18人が県内離島を集団で歴訪し、10月25日現在で12人が新型コロナに感染して、クラスター認定を受けました。

恐るべき「コロナミサイル」とでも名付けましょうか。

訪ねた先で濃厚接触者を作りまくりですか。

「歩くコロナ爆弾」とも言えますかね。

こんなんが県民の代表たる県議先生ですよ。

あ、わたしはこの人たちには投票しませんでしたけど。笑

でも、命は大事にしてほしいです。

ある意味では自殺行為ですよね。先生方、最高齢は70代だったはずです。

命どぅ宝。

生きていればこそ開く花もある。

先生方。しっかりしてくださいよ。ほんとに。

ものまうす。

あの日、あのとき。

あのひあのとき。

なんでこういう写真を撮ったのか、理由が分からない。

ということがよくあるのは自分だけではない。

と信じたい今日この頃。

個人的にはたぶん「アングル」で撮ったのだろうと。

さあ、場所はどこだかお判りでしょうか?

ものまうす。

ワイキキの朝(なつかしー)

ワイキキの朝

沖縄は「日本のハワイのようだ」と言われていた時代がありましたし、観光地としてハワイに追い付け追い越せと意識しているところもあるでしょう。

ま、ハワイはハワイ、沖縄は沖縄なんですけどね。ハワイにはなれないが、立派な観光地にはなれる。これからブランドだって成長させられる。そういう意味で。

わたし、他人には憧れない人間なんです。逆立ちしたって、わたしはその人にはなれないから。

ところでワイキキビーチ。

思ったより奥行きはなく、道路の近くからいきなりビーチで、わたしが宿泊していたあたりでは30mも行かずにすぐ海でした。が、しかし、海岸線は横に長く約3キロメートル、8つのエリアに分かれているそうです。

ハワイはハワイ、沖縄は沖縄。海の美しさは、負けていませんでしたよ。

ハワイでも喫煙者は大苦戦していました。

おいくらなら、OKでしょうか?

わたしには少しだけ辛かった。

どことは言いませんが、どこぞの美味しいカツカレー。わたしには少し辛かったが、美味しく頂けました。m(__)m

この見た目だけで値踏みくださいと言われても困るでしょうが、おいくらなら食べて頂けますか?

意地悪なさらないで、素直な気持ちで。笑

いやはや。