月別アーカイブ: 2020年11月

もしかしたら、この国。

間違って長瞬きを。苦笑

はなのいろは にほいにけるな ちりぬるを

誰もが間違っていると思いながら生きていけるほど、強くはない。と思っていたが、こちらに映されている人たちの多くは、メディアに照らされるまで平気だったようです。

このニュースが流れていた時期、「うーん、議員先生はねえ、大なり小なりそういうことしているのだね。もともとそういうことを目的に作られた制度なんじゃないかな」と訝しがる気持ちになったものです。

しかし本当に怖いのは、この先生方が、このあと再選されている人もいる。ということじゃないでしょうか。

そこで選挙に打って出るという厚顔ぶりもですけどね、その厚顔に投票するだけじゃなく、再選させるなんて。苦笑

まさに縮図。笑えるほどに。

沖縄でも、おカネを受け取ったけど帳簿に書かず、まるごと懐に入れた国会議員がいましたね。年初の話でしたけど。

あの方が朝の58号線で立ちんぼするたび、「キミには入れん。安心してください」と唾を吐きながら(実際には吐いてないけど)思うのは、もしかしたらわたしだけ・・・な、わけはないですよねと信じたい今日この頃。

ものまうす。

いや、撮り方が下手くそでスミマセン。

おはこんばんちは。

いやこれ、いきなりこんなの見せられてもよ。と思われた方、正しいです。正直言ってわたしも振り返った時に「何を撮っとんじゃ」と自問しました。

では、次の写真です。

微妙に読めるかなー。

読めますでしょうか。

「頭上にツバメの巣があります。通行時、頭上からの糞にご注意ください」と書いてあります。

はい、この上下をどうしてもセットで撮りたかったわけですね。

しかし、下から撮ると万が一のことがあるかもしれず、、、。

というわけでした。

いやー、わたしもなかなか暇人ですね。苦笑

というか、この場所、この張り紙を見た瞬間に見上げた人に何かが起きたらどうするのでしょう。目も当てられませんね。

くわばわくわばら。

ものまうす

祝2周年(いえ、ほんとはもう少し先じゃないかと)

両さんにあやかりたい。笑

こんにちは。

アメリカの大統領選、ようやく勝利宣言が出ましたね。

各メディアの慎重なこと、この上なし。そりゃそうか。

どうせ大統領が誰に変わっても、沖縄(特に辺野古などのこと)に変化があるわけじゃない。と、知り合いが大きな声で嘆いておりました。

ごもっともです。

あえて言わなくても、ですけどね。

腹立たしいのは、かの国と話し合わないこの国のどなたか。なんですよね。

本質的にはソコなんです。

物言う少数者。と、物言わない大多数。

選挙で勝つのは、どっちどっちどーっち?

選挙はね。

らぶDも2周年。どこまで行けるでしょうか。笑

ものまうす。

忘れ去られた世界のウチナーンチュ

コノキナンノキ?

※写真と本文は、やや関係あります。

わたしは1ミリたりとも忘れておりませんでしたが、去った10月30日は沖縄県が定めた「世界のウチナーンチュの日」でございました。

確か4回目の「世界のウチナーンチュの日」でした。

制定宣言は2016年10月30日、鬼籍の人となられた故・翁長雄志前知事が宣言されました。あのときはすでにお痩せになられていたなあ。

その日(10月30日)、そして翌10月31日。

県内マスコミは「首里城火災から1周年祭」を盛大に繰り広げており、世界に広がった誇るべき(と、いつもみなさんがおっしゃっている)県系人(けんけいじん=沖縄独特の呼称)=世界のウチナーンチュは、見事に忘れ去られていましたとさ。

恐るべきウチナーンチュ。

世界に広がったウチナーンチュのことは、オール無視ですね。

これこそオール沖縄。笑

これからもずっと、首里城が再建されるまで、10月30日は「首里城火災から〇周年の前日」という日に決まりました。

コノキナンノキも、寂しがっているはずです。

すげーな、ウチナーンチュ。

世界の兄弟姉妹より、燃えた城。

ものまうす。