月別アーカイブ: 2020年12月

怪獣2匹……?

えっとー、怪獣のシルウェットに・・・見えます・・・よね?

先生を一気に駆け抜ける師走。今日はクリスマス。

巨大な怪獣が、対峙しているのか、それとも奥の陸地に向かおうとしているのか。

というようなシルウェットに見えるわたしの想像力も、捨てたもんじゃないなと思いたい今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

「5名以上の会食は避けてね」と声高に叫んでいる人たちが、片っ端から大人数で会食を繰り返してはコロナの感染者を出す。というようなことが、全国的にも沖縄でも流行しておりますが、これは何もコロナに限ったことではありません。

昔から日本では、偉い人ほどルールを破ることが繰り返されてきて、しかもそれが露見した時も罰されないか、平民から見たら軽い刑罰で済んでいることが非常に多い。

だから、政治も政治家も信用されない。

こんなことも分からない人が、政治家をやっていていいのか。いや、分からないはずがない。ただ、既得権益を捨てたくないだけ。分かっていて分からない振りをしているだけ。

もちろん、そちらのほうが質が悪いのですけどね。

西側の大国とお隣の大国に挟まれて、わたしたちの国はどちらへ向かいましょうか。

2匹の怪獣は対峙しているのか。

それとも2匹が足並みをそろえて、挟まっている陸地へと向かうのか。その先で陣取り合戦を始めないだろうか。

2021年には、何が待っているのでしょうか。わたしたちは、待っているだけで良いのでしょうか。

それではみなさま、良いお年を。

今年も1年、お付き合いのほど有り難うございました。

あ。

メリークリスマス!笑

ものまうす

出会えて、嬉しい。

あるところには、ありますねえ。

たまにこういう看板に出会ったりして、とても嬉しくなることがあります。ナショナルだなんて、、、で、検索をかけてみたら、廃止されたのは2009年だそうですから、割と最近まであったのですね。少しがっかり。笑

ただ、この看板は10年前のレベルじゃないですね。昭和の香りがむせ返るほどに漂っております。

ちなみに「ナショナル」は松下電器産業(現・パナソニック)の創業者である超有名な経営者(経営の神様)である松下幸之助さんが名付けた自社ブランドで、写真のロゴマークは日本中を席巻していた時代が確実にありました。昭和の話ですが。

ナショナルに少し遅れて、海外向け製品用に新ブランド「パナソニック(Panasonic)」を立ち上げ、使い分けしておりましたが、21世紀に入って、自社名を松下電器産業からパナソニックに改称することにともなって、ナショナルというブランド名は消滅することになりました。

んまー、ナショナルの時代を知っているわたしたちにとっては、テレビやラジオのCMで「あっかるーいナショナル♪」の歌が刷り込まれておりますから、これを見かけると自然に口ずさんでしまうという。笑

沖縄本島北部、今帰仁村で出会った、少し嬉しい看板さんでございました。

ものもうす