人手不足」タグアーカイブ

コンビニエンスストア(24時間年中無休)の悲哀

 世界のみなさま、こんにちは。

 沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 いやはや、ここにきて一気にコンビニ各社の苦境が訪れていますね。人手不足による営業継続の困難さ、「全国同基準」にこだわるが故のFC契約、いわゆるドミナント戦略等に代表される出店競争。

 FCオーナーの叫びが、なんとなく揺蕩っていたコンビニエンス経営への疑問や疑念を一気に弾けさせた感じです。

 ところで、今は昔、懐かしのHOTSPAR以外の大手コンビニチェーンとして、ファミリーマートが乗り込んできたころ。「個人には脱サラして社長に!」「企業には、新たな事業の柱として!」の掛け声があったかどうか分かりませんが、怒涛の勢いで沖縄経済界に広まっていった記憶があります。

 知り合いにそのころのファミリーマートのFC契約に飛びついた人がおりました。その方(Gさん・仮名)は、那覇市内に1店舗目の契約を交わしてオープン、すぐに2店目、3店目までオープンさせました。資金は主に銀行借り入れです。

 Gさんが自分の1号店オープン後まもなく2号店、3号店と踏み切ったのは、FC契約の内容に理由がありました。現在の契約は知りませんので当時としておきますが、当時のFC契約では1店舗目と2店舗目で、利益の配分率が大きく違っていたからです。

 わたしの記憶が確かならば(間違っている可能性大ですが)、1店舗目は利益の35%がFCオーナーの取り分、2店舗目は40%、3店舗目以降は45%……だった記憶が。間違っていたら申し訳ないですが、20年以上前のお話なので、どうぞご容赦ください。

 とりあえず無事に3店舗のオーナーとなったGさん……。

 社長なのに、寝る暇がない!

 24時間営業という勤務形態は、それまで沖縄県内ではおもにホテル業くらいしか存在しませんでした。ですので、まず深夜~早朝の時間帯に勤務してくれる人間が非常に少なく、アルバイトが一人辞めただけで人手不足となり、Gさんは臨時の戦力としてやはり家族を投入していました。

 物珍しさも手伝って売り上げは拡大し、順調に収入は増えるものの、忙しさだけはまったく減っていきません。学生アルバイトが学校を卒業すればアルバイトも卒業し、中途半端な若者は気まぐれに休んだ挙句、責められたら出勤しなくなる。

 慢性的な人手不足は開業から10年間続き、Gさんは契約更新をせずに契約満了で1店舗は閉店、残りの2店舗は、別のFCオーナーがその場所で営業を引き継ぎました。居抜きにしたのか、一度閉店したのかは定かではありませんが。

 特に深夜から早朝の勤務においては、時給を高く設定してもなかなか人が居就きません。雇用情勢の変化(主に悪化)に伴って、いわゆるオジサン・オバサン世代がコンビニで働くようになったり、日本人より上手に日本語を話す外国人がスタッフとなったり、ここ20年来のコンビニ業界の発展は、とにかく「スタッフの確保」が裏テーマとなってきたことは間違いありません。

 さあ、みなさま。

 いま、コンビニエンスストアで働きたいと思いますか。

 働きたいと思う人もいるでしょう。おそらくは働けるなら、どこでも。という人じゃないかと思います。あるいは特定の目的がある人。

 数年前から、コンビニエンス各社の求人募集のTVCMが目に付くようになりました。みなさま憶えていらっしゃるでしょうか、それ以前から、ファーストフード店でも求人募集のCMが増えていたことを。

 ファーストフードやコンビニエンスのアルバイトが、学生の社会勉強を兼ねていた時代は過ぎ去りました。

 今や働くことには、収入や社会勉強以外の要素が強く求められています。

 働き甲斐? それはあります。 休日? もちろんそうですね。

 それらがコンビニ勤務で得られるのか。

 時代はこのあと、「人気のない職種から一気に人手不足倒産」という状況に突き進んでいくでしょう。

 全国に約60,000店舗が存在するコンビニエンスストア。巨大産業、巨大企業となった2019年現在、むしろ一気に人手不足倒産が広がっていくのかもしれません。

 人は城、人は石垣、人は堀。

 有名な言葉に、続きがあるのをご存知ですか。

 仇は敵、情けは人の為ならず。

 人を大事にする企業が、勝ち残るのでしょう。

 喜良原でした。

 ではまた次回。

人手不足の話(続き)

 世界のみなさま、おはようございます。

この記事は実は1月23日に書いておりますが、オリオンビール買収の結果についてはこのあと夕方に開かれるはずの記者会見などを待ってからにしようかと考えている、沖縄らぶびたんDays、主筆の喜良原(きらはら)です。

 琉球新報社の速報によるとオリオンビールは買収を受諾したようです。県民のうち年配の方々には悲報と言えるでしょう。

 若い世代には「ふーん。で?」レベルのニュースでしょうね。20世紀末以来の教育が奏功して、「お酒は飲まないっす」という人の割合は確実に増えています。おそらく全国的な傾向だと思いますが。

 さて、前々回に書いた人手不足の話の続きですが……。

 少子高齢化が進む社会情勢のなかで、沖縄でも中国人の留学生が増加したのを皮切りに、アジア系を中心に留学生という名の労働力が流入しております、という話でしたね。

 で、人手不足を解決するための施策として、まずはM&Aがあるよと。オリオンビールも人手不足なのかは分かりません。というと不謹慎かもしれませんけれども。

 先日、県内の中食産業の社長様が「企業の人手不足を乗り切るためには、高付加価値化、IT導入等による効率化、県内の産業構造を変える(建設・観光中心から知的生産へ)」という提案をしておられました。

 これ、県内経済の実情をなにも理解しておられない、アタマでっかちのご発言だなあと感じた次第であります。前のふたつはともかく(それもアタマでっかちですが)、3つめの産業構造など、どういう意味なのかご本人にも分かっていないではないでしょうか。

 企業単位での人手不足の解消には、ふたつの方向性があります。

 ひとつめの方向性は、現在の人員数でどうにか乗り切る。これは、アタマでっかちのご提言の大前提でもあるとお見受けしますが、実は県内企業のトップの大多数が陥っているシンキングトラップでもあります。

 この方向性だと、どうしても人員がほしい事業所などはどうしたらいいのか分からずに途方に暮れてしまうでしょう。こんな提言ばかりのコンサルタントに出会ってしまったら、県内経済は壊滅します。ほんとうに。

 ただし、国全体で少子高齢化は進む一方ですから、この方向性が悪いわけではない。現在の新しいテクノロジーのほとんどは少子高齢化の進行を前提に開発されていますし、人口が減少していくなかでは、なるべく介助の人手をかけずにお年寄りが生きていけるような社会となることが望ましいわけです。

 しかしながら、そこでしぼみゆくマーケットばかりを見つめていてはいけません。

 などという話をすると、県内企業のトップはおおかた「グローバル化」と返事をしてくるでしょう。少しは自分のアタマでお考え下さいと申し上げたい。時々申し上げることもありますが。

 ここで重要なのは、これがふたつめの方向性なのですが、「人が集まる会社になる」ということです。

 つまり「この会社で働きたい」と感じてもらえる会社になること、です。

 え。

 どの会社でも「その方向性でやっているよ」とおっしゃる? いえいえ、面接のときに「うちは良い会社よ」とつぶやくだけじゃないですか? 自社サイトで着飾っているだけじゃないですか? あの会社は良い会社だよと周囲に言われるほどの良い会社になろうと考えていますか? 

 まあ、良い会社になろうと考えていない会社はないと信じたい今日この頃ですが、はっきり申し上げて、その具体的なビジョンは希薄でしょうね。

 人が集まるような良い会社とは何か。働き甲斐があって、給与が高くて、福利厚生がしっかりしていて、残業が少なくて、休みがしっかり取れて、人間関係も社内の雰囲気もよくて、それでいて安定して儲かっていて、成長軌道を描いている会社。

 働く側の人間からすれば、それです。経営側からじゃないですよ。雇われる側からの視点です。待遇が良ければ働き甲斐はなくてもいいかもしれませんし、人によってはいくつか条件があるかもしれませんけれども。

 そういう会社にするための施策。会社の状況によって違ってくるでしょうが、目指すところがはっきりしていれば、解決しなければならない課題も浮かんでくるはず。

 前々回に書いた、M&Aなどの手法によって会社の規模を大きくすることなどは、まず会社の規模を大きくして業績を拡大、安定させていくこと、さらには人手不足の影響も最小限にとどめつつ、ということを目的としています。

 社員30人の会社の人手不足と、社員100人の会社の人手不足、どちらが深刻だと思いますか。どちらも? いえいえ、30人の会社のほうが深刻なのです。1人あたり3%の影響力を持っていますから。100人ならば1%の影響力です。

その地域でこの業種は一社だけ。と言えるほどの合併でも構わないと考えていますが、他業種との合併でも良いのです。事業の多角化につながりますから。

 企業の規模を大きくしていくことが、良い会社への第一歩。わたしはそのように考えております。

 この話、さらに発展できるネタだなあと考える、沖縄らぶびたんDays、喜良原まなつでした。

 あでゅー。

人手不足な話。

 世界のみなさま、おはようございます。

今朝は気温16℃。ですが、氷点下に感じる沖縄らぶびたんDays、主筆の喜良原(きらはら)です。

 ジェットタイプのヘルメットのシールドにマスクをしているので、ほぼ仮面ライダーです。目出し帽も考えておりますが、銀行やコンビニなどでいろいろハプニングも想定されるため、検討の範囲を出ません。マスクは下げればいいのですが、目出し帽は脱ぐのが面倒なのですな。

 全国でも人手不足が叫ばれておりますが、ここ沖縄でも人手不足は深刻な状況に向かっています。

 数年前、居酒屋を中心にチラホラと外国人スタッフが見え始めたので、いろいろと調べてみましたら、これも全国的な流れでしょうが、いわゆる「語学留学生」が働いていることが分かってきました。

 考えてみれば10年以上前から那覇市内のクラブやスナックなどでは、やたらと中国系の女性がナイトレディとして働いていたのですが、皆さん昼間は大学に通っていて、生活費のために夜働いているという留学生でした。

 これが現在は語学専門学校に通う留学生で、民間企業のあっせんを受けてアジア各国からやってきた方々が多いように見受けられます。

 ちなみに、最近の留学生の勤務状態は「低賃金・長時間労働」などで社会問題化され、新聞でも大きく取り上げられておりました。

 現在、那覇市を中心とした人口密度の高いエリアの居酒屋やコンビニは、留学生と地元主婦、移住されてきた方々の働く場所となっています。

 しかし、この人手不足の時代を乗り切るためにはどうしたら良いのでしょうか。

 喜良原お得意のそもそも論になってしまいますが、そもそもこの人手不足の時代は一時的なものなのでしょうか。深刻な少子高齢化に伴って人口減少が進むなか、この先「人手が増える」時代が再来する可能性はどのくらいあるのでしょうか。

また、皆が進路に選びたい大企業ならまだしも、中小企業に勤めたいと思う人間がどの程度いるのでしょう。少子化も相まってまさに虎の子となってしまった我が子を、中小企業に勤めさせたいという親御さんも多くはないでしょうね。

 それでもこの社会は在り続けなければなりません。

 国会では一強が押し通した通り、日本国政府は外国人労働者を頼りにすると決めたようです。民間では国内に限らずメーカー各社ともAIの力も加えたさらなる自動化・機械化を推し進めています。コンビニ各社を始めとしたサービス業でもAI+自動化+機械化を推進していますね。

 では、それらを導入することのできない規模の小さな事業者、あるいは現時点ではAIや自動化、機械化を導入することが難しい業種業態はどうしたら良いのでしょうか。

 わたくし喜良原、真剣に考えました。まだ考えています。笑

 まだ思考の途中ですがいくつか検討できる案があります。

 ひとつめは「非常に近いエリア(沖縄ならば県内)での同業種M&A」です。狭いエリアで覇権を争う時代は、とっくに終わっています。これからはまず同業種M&Aで、まず人手を確保、さらにはマーケットも吸収して経営基盤も少し安定するでしょう。目安はその地域で単独1社となることです。独禁法なんざ知ったこっちゃありません。地域に一社なら順法の範囲でしょうし。

 これは、もう社長同士が合意の上で進めるしかありません。対立的な買収や合併ではなく、発展的なそれだということです。共倒れするより、地域に企業を残していくほうがマシ。今後はそういうM&Aを進めていくべきです。

 あ。

 ひとつめを書いたあとで、目指すべき姿が見えてきました。最近わたしは「美しい日本」時代のどなたかのように理想論に走りそうになる場面が多くなりました。が、あえてそれらを恐れず書きますと……「誰もが入社したくなるような企業を目指す」の一言に尽きますね。

 あ。そのためにどうするか、という話ですね。いかん、いかん。

 では、(時間の都合上)この話は続きます。

沖縄らぶびたんDays、喜良原まなつでした。

 あでゅー。