普天間基地」タグアーカイブ

米軍ヘリが墜落した大学、という誤解

 世界のみなさま、おはようございます。

 タイムリーなのか何なのか、「硫黄島からの手紙」をたまたま観て、あー、これは日本人にはウケないよと感じた沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 アメリカ映画らしくステレオタイプな人間像で描き出す叙事詩ですけれども、旧大日本帝国時代のいわゆるステレオタイプな日本人像(外側から見たバージョン)というのは、現代の日本人が最も否定したい愚かな状況下、最上層の人間でさえ本当に自分の意志で動いているのか分からないほど、「皇国(帝国)日本の神聖なる何か」に言動を縛られている、人類史上もっとも愚かな人種のひとつですから。 

 それを正面から受け止める器量は、日本人全体としてはないでしょう。個人として受け容れられる人は数知れず存在するでしょうけれど、それも内心の話です。表立って受け入れを表明するのは難しい。

 2006年の公開当時に見ていれば良かったと、今さらながら。その当時のわたし、わたし史上もっとも仕事(当時の本業)にのめりこんでいた時期で、映画には興味がなかったことが悔やまれます。

 さてさて、今日8月13日は「宜野湾市の沖縄国際大学構内に米軍普天間基地所属のヘリコプターが墜落した日」でございますな。2004年8月13日の出来事です。

 詳細は他所に譲りますけれども、わたしもその日・その時は宜野湾市内に滞在していたこともあり、とても他人事には思えません。しかも墜落1時間前にはキャンパスのそばにいましたから。

 しかしこの沖縄大学で今年になって「ヘリ墜落事件のことを知っているか」という学生へのアンケートに対して「詳細を知っている」が15.9%で、自由記述に「事件を風化させたくない理由は何か」という記載があったとの新聞記事が掲載されました。

 いや、面白い。

 これはハッキリ言って虚を突かれたというヤツですね。

 世代が変われば、考えも変わる。まさか風化させてはいけない理由を問われるとは。これも長年の教育の成果でしょうね。

 沖縄国際大学。経営のことを考えたら「世界一危険と言われる米軍普天間基地と、わずかフェンス1枚を隔てたところに立地している大学です」なんて、口が裂けても言いたくないでしょう。

 でも、事実は変わらない。「世界一危険と言われる米軍普天間基地と、わずかフェンス1枚を隔てたところに立地している沖縄国際大学」という事実は変わらないのです。

 わたしが経営者ならばむしろ「世界一危険と言われる普天間基地のそばで、世界一平和について考えられる沖縄国際大学」をウリ文句に平和教育などを充実させて大いに学生募集して、ついでに偏差値向上も狙いますけど。

 どう考えてもそちらのほうが大学にも学生にもメリットがある。

 少なくとも広大な駐車場を確保して琉球大学に行けない学生を拾っていくより、偏差値を上げて内地から優秀な学生を募集して周辺のアパートや学生寮に住まわせて、平和について考えてもらうほうが何倍も将来性があるのではないですか。

 いや、学生の質がどうこうと言うつもりはありませんけれども。

 でも、風化させてはいけない理由は? はね、いくら長年の教育の成果でも何でも、思考停止が酷いような気がします。

 ただ経営的には、そちらへの舵取りが有効だろうと。

 しかしこのヘリ墜落事件。よく「大学に米軍のヘリが墜落した」という紹介のされ方をしていますけれども、それは誤解です。正確には「ヘリは基地に向かっていたがたどりつけず、住宅街に墜落していくところ、たまたま住宅街の中には夏休みの大学があって、幸運なことにそこに墜落した」じゃないですかね。

 あれだけの事故で誰も死ななかったことが幸運なのですが、それほどに普天間基地は住宅街の真ん中に存在しているということです。

 本当に、フェンス1枚だけ。

 この状態を見ても、「辺野古移設」とか言えますかね。

 まず「普天間撤去」じゃないですか。

 ヘリが墜落したのは大学であり、日本国、なのですよ。

 実は「硫黄島」の時代から、日本人の本質は変わっていないのかもしれませんね。

 辺野古だどうだというやり取りが、大本営発表を思わせるじゃないですか。

 国政与党が肥大化するのを目の当たりにして、不安というか恐怖というか、あるいは怒りに似た何かを感じているのはわたしだけではないでしょう。

 沖縄らぶびたんDays、喜良原でした。

 ではまた次回。

軍用地の借地料というか、その辺りのこと

 世界のみなさま、おはようございます。

 「ヘイトブログで実刑」のニュースが流れて、賛否両論に揺れている沖縄らぶびたんDaysの喜良原です。

 ヘイトブログなど無いほうがいいのですが、これを理由にヘイトじゃないブログにまで影響が及ぶのはよろしくないですから。

 様子見ですけれど、常に気にしておきたいニュースです。

 さて、今日は軍用地の借地料というか、その周辺の話です。

 沖縄県内の軍用地は、国有地・市町村有地・私有地の3つが存在しており、市町村有地と私有地は国が借り上げる形で米軍に提供しています。

 その総額は年間約1000億円で、そのうち900億円前後が私有地(個人または法人)への借地料であるそうです。

 ところで沖縄の不動産屋さんでは、他の都道府県ではあまり見かけない商品を扱っている会社があります。

 お察しの通り「軍用地」です。

 国が借り上げているので借地料が滞納なく支払われ、しかも毎年確実に借地料が値上がりするので、銀行預金より優れた投資商品として人気を集めており、県内だけではなく県外投資家からも引き合いを受けているそうです。

 この軍用地。地主にとっては、自分の土地を使いたくても使えない代わりの代償としてイヤイヤながらに受け取り始めたものですが、なかには不労所得を定期的に得られるようになって、逆に身を持ち崩した事例も散見されます。わたしの知人にも、そういう環境の人がおります。

 よく言われることですが、「軍用地料と基地(および兵士)の落とす消費マネーが沖縄を支えている」というのは、しかしながら、当てはまりません。

 沖縄県の経済規模、たとえば県内総生産は4兆4000億円超(2017年度)、県民総所得は4兆6000億円超という状況です。そのうちの借地料(900億円前後)を含めた基地関連の

経済規模は1500億円超、つまり5%台です。この5%をとらえて「支えている」と言われるのは、まあ、あまり面白くはないでしょうね。

 他人事のように書いておりますが、他人事として考えているわけではないですよ。

 以前にもお話したように、基地返還後の跡地利用が成功事例ばかりなので、はっきり言えば、早くほかの基地も返してくれたら、もっと地域の経済が潤うのではないかな、というように考えております。

 それなのに普天間基地の返還は、辺野古がどうあっても10年以上はかかるわけですよね。

世界一危険なのに、10年以上。経済が潤うのに、10年以上。返還されたあとに区画整理が必要になりますので、また何年かかるか分かりません。この矛盾とは、いったい何なのでしょうか。

 わたしが地主であれば、もしかしたら「このまま借りていてくれ」と思ったかもしれませんが、所有地の状況によっては「早く返してもらって、ビルを建てたほうが儲かる」と考えるかもしれません。

 いずれにしても、現状よりは返還してもらったほうが良いのは間違いありません。

 基地経済は、いまも確かに存在しています。しかし、沖縄を支えてはいません。それだけは理解しておいてほしいものです。

 沖縄らぶびたんDays、喜良原でした。

 あでゅー。

住民投票に衆議院議員

 世界のみなさま、おはようございます。

 アジアカップのオマーン戦で、ビデオアシスタントレフェリーが導入されていたら、もしかして日本は負けていたのではないかしらと思う、沖縄らぶびたんDays、主筆の喜良原(きらはら)です。

 苦戦しても2戦目の勝利も、勝利です。勝ったことに意味があります。でも、やっぱりという思いもありますね。前線でボールを収めて、さらにはペナルティエリアのなかで勝負できる。これが現代サッカーにおけるFWの重要な能力だということが改めて浮き彫りになった試合だったと言えます。

 さてさて、快晴の今朝の沖縄では「5市が住民投票を不実施、その後ろに保守系衆議院議員の影」というようなニュースが飛び交っております。

 「住民投票を実施しない場合の法的な理由(の考え方)」を記した指南書のようなものがあり、それが保守系議員や首長の勉強会で示されたということなんですね。

 まあ、誰もが予想していたことではあるでしょうが「二択では乱暴すぎる」とか「すでに(県知事選で)意思表示されたようなものだ」とか、さらには「費用対効果がどうだ」などの議員の皆様の理由も、「議会の決議を尊重する」という首長の皆様の理由も、判を押したような金太郎飴のような、どこかに模範解答が存在するだろうと感じさせるに充分な様相でしたから、やっぱりなという感想だけが溢れ出てくるわけです。

 ただ、小選挙区で三連敗して比例復活で二選(+補欠繰り上げで三選目)している件の衆議院議員が単独でこれだけの動きができるとも思えず、その後ろには大きな動きがあったのだろうと推測されます。

 法律に定めたる必要数を超える署名を経て制定された住民投票の条例が、少なくとも住民の代表であるはずの市議会議員、そして首長、さらには衆議院議員の手で否定されたとなると、日本が本当に民主主義国家であるか、非常に疑わしくなってきましたね。

 住民投票を実施しないと表明あるいは確実視されているのは、宮古島市、石垣市、沖縄市、宜野湾市、うるま市の5市です。

 普天間基地問題の当事者である宜野湾市。嘉手納基地を抱えて、コザ暴動(1970年)の舞台となった沖縄市。自衛隊配備でもめている宮古島市。尖閣諸島という火種を抱えている石垣市。米軍機が小学校に墜落した記憶を持つうるま市。この5市は、いずれも保守系首長に与党多数という組み合わせです。

 沖縄がどうこうというより、この組み合わせの自治体では、今後も似たようなことが起きる可能性があるということですね。

 この5市の住民も、それぞれに必要数を超える署名をしているのです。痛みを知るからこそ、声を挙げずにはいられなかったのではないか。それなのになぜ議会と首長は住民投票に反対するのか。そんな嘆きも届かないでしょうね。

 議員の皆様、首長の皆様、歴史に名を残しますか。民主主義の代表として選ばれた議員と首長が、自分たちの手で民主主義そして自分たちの存在意義を否定した住民投票の象徴的な実例として。

 県民投票は歯抜けの状態で実施されるでしょう。それでもいい。それでも実施したほうがいい。これは住民が国政に対しても意思表示をするという行為なのであって、辺野古の新基地建設に賛成でも反対でも、どちらでもなくても、それでも意思表示をするということに意味がある。

 県民の皆様。投票には行きましょう。〇でも×でも白票でもいい。まずは投票することが大切です。

沖縄らぶびたんDays、喜良原まなつでした。

 あでゅー。