71%」タグアーカイブ

71%または72%。笑

 世界のみなさま、おはようございます。

 沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)です。

 いつだったか「ウラ梅雨」を表現した2月の沖縄。今年は順調に降りまくっております。2月の晴れた日は片手で数えられるほどです。

 さて、その雨模様だった昨日(2月24日)、辺野古基地の是非を問う県民投票が行われました。結果は、まあ予想通り「反対に〇」が多数でした。

 投票総数は60万5385票(うち有効投票数60万1888票)。期日前を含む最終投票率52.38%。賛成11万4993票、反対43万4273票、どちらでもない5万2682票。

 投票総数(有効票)に占める「反対」の得票率は72.15%。全有資格者数115万3591人に対する「反対」の割合は37.64%。

 沖縄県民(出身に関わらず県内在住の意味)であれば、投票率も含めて「まあ、こんなものでしょう」という感覚だと思います。玉城デニー知事が当選した昨年の県知事選挙より、投票率は約10%低いものの、「反対」票は約4万票も多い。

 つまり、保守系の立場の人であっても、辺野古基地には反対の人が多くいらっしゃるということ。

 「賛成」に投票する(した)人の意見を、わたしも拾いました。

「どうせ政府は聞く耳を持たないわけだし、普天間の固定化が……」という意見も多く聞かれました。

 わたくし喜良原、何度も声を大にして言います。

 普天間と辺野古は分けて考えるべきものです。

 そもそも、普天間基地が世界一危険ならば、なにゆえ辺野古完成まで待たねばならないのか。既存の施設に振り分けて、普天間を閉鎖すればいい。

 辺野古が完成するまでの間というのは、「あと何年」ですか。

 そして、この県民の声が示されてもなお、辺野古を継続する根拠をご提示ください。

 県外のみなさま、県外にお住いの県内出身者のみなさま、世界のみなさま、この投票結果をどのように受け止めてくださいますか。

 政府はそれでも辺野古を推進する。

 国は国民の意志を無視する。

 このようなことが、沖縄だけではなく、みなさまのお住いの地域でも起こり得るという現実を、ご理解頂けますか。

 これまでも触れてきたように、「きれいな海を汚すな」という論拠には「県内のほかの埋め立て地域はOKなのか?」との疑問が解けず、ちょっと足を乗せられません。これまでに埋め立てられた地域(海域)はすべて経済を支える地域となっていますから。

 ただ、戦争のための施設は縮小の方向であるのに、沖縄においては新設され続ける不条理が頂けない。

それに、世界一危険と言いながら、辺野古ができるまで危険なまま待てという不条理が頂けない。

 普天間ではない、どうしても辺野古に新設しなければならない、日本国としての論拠を示さなければ、県民は理解も納得もできないまま。この話題に関する限り、国と県民(国民でもあります)は平行線のまま。そんな気がします。

 県民投票は終わりました。

 反対多数となりました。

 さあ、どうなるのでしょうか。どうなるのかと期待をすることさえ、ムダになるのでしょうかね。

 今朝の沖縄の天気は、雲のスキマから太陽が顔をのぞかせています。

これから晴れていくのでしょうか。曇り空の気まぐれなのでしょうか。


 沖縄らぶびたんDays、喜良原(きらはら)でした。

 ではまた次回。